ホームページ運営支援

ホームページ制作後の運営支援

ただ単にホームページを作っただけでは本当の効果を発揮しません。「集客がしたい」「売り上げを伸ばしたい」などホームページ制作をするための目的があると思います。
公開前にも予想の範囲内で対策は行いますが、公開後に実際に訪れた訪問者の動向に合わせて、ホームページ制作時の目的達成に近づけていきます。
その目的を達成するため、弊社で制作したお客様のホームページの運営支援をさせていただいております。

運営支援の内容

運営支援の内容の一例をご紹介します。
お客様が求めるものやホームページの規模によって内容は変動することもあります。

内部SEO対策

内部SEO対策 サイト内各ページ・記事の内部的SEO対策
1ページ1ページの内容や上げたいキーワードによって内容を変えながらSEO対策を行います。
目的とするキーワードを自然検索で突き抜けさせる(1位~3位を獲得する)のがポイントです。広告キーワード戦略は内部SEOが出来上がっていない場合・キャンペーンで緊急時に使うと効果的です。クリック率のうち80%は自然検索が占めると言われています。

ページ遷移改修

ページ離脱率改善 アクセス分析結果(数値)をもとに、的確にユーザーのページ移動を捉え、購入前離脱を極限まで抑えます。
特にカゴに入れた後の動作が重要です。(例:ショッピングサイト)
離脱上位ページはすぐに改修、もしくは削除します。
訪れたターゲットのページ遷移を目でとらえます。

リスティング運営

PPC広告掲載 リスティング広告(Yahoo!)(Google)運営
初期段階では、隙間複合キーワードを1,000以上入力し、売り上げが上がった広告のみ残します。クリック率が高くても購入されていない広告は即削除。日々の運営力が効果的な広告効果を生み出します。
自然検索にヒットしだしたら、広告からそのキーワードを削除します。徐々に無料の自然検索に集まり、リスティングキーワードは攻めのキーワードばかりになります。

クロールチェック

クロール頻度に合わせた更新 Googleの検索ロボットが1週間に何回サイトに訪れ、キャッシュしてくれたのかをチェック。
対策を行い、1日に1回キャッシュされるようになれば成功です。
朝掲載したページが翌日には検索にヒットされ、この時点で、ある程度「敵」なし状態になります。
他を追従させない、弊社の独自技術です。

キーワード出現率

キーワード出現率 Yahoo!のキーワード出現率表をもとに、的確なキーワードで戦います。出現率の高いキーワードで戦わないと効果は得られません。

アクセス解析・報告書作成

アクセス分析 入力キーワード、ページ遷移、コンバージョン、地域、検索サイト、リンク元アドレス、ユーザー数、その他15種類の項目の分析を行っております。
これにより、どのキーワードで検索され、どのページを見られたのか等の詳細な状況を把握出来るようになります。

このような運営支援を繰り返し行うことで、的確な情報を掲載し、問い合わせや商品購入等、ホームページを制作時の目的に近づけていくことが出来ます。
また、アクセスを細かく分析することで、「おそらく」「たぶん」といった曖昧な考えではなく、様々なデータを基に改善を繰り返していきます。

お申込み・お問い合わせ

ホームページ制作のお問い合わせ

ホームページ制作の先頭